総量規制の対象外の金融会社

小口金融市場の中でも注目の専業主婦カードローンはいくつかの金融機関がサービスを提供していますが、借入システムを探したことのある人なら銀行が多いという傾向に気がつくかも知れません。
なぜこのようなことになっているのでしょうか。

金融系列にも種類がありますが専業主婦ではない人の場合には、消費者金融からも借りられるわけですから、その違いについて知っておきたいという人は多いのではないでしょうか。
では、具体的にはどのような違いがあって、借り入れに影響しているのでしょうか。

その一つが法律による違いです。総量規制という法律を聞いたことのある人は多いでしょう。
それが影響することは分かっていたとしても、どのようなものなのか分からないという人も多いとは思います。
ポイントを絞って言えば、年収の3分の1に融資金額を制限するというものです。

このような制限がありますから、専業主婦は借りることができないわけです。
専業主婦は働いていませんから収入がないと見なされ、そのために借りられなくなります。
このような規制があればどこからも借りられないのではないかと思ってしまう人もいるようですが、これは正しくはありません。
というのは、そもそも総量規制が貸金業法で定められていると言うことと、貸金業法は貸金業者にしか適用されないと言うことが影響しています。

銀行は貸金業者ではありません。
そのために、お金の貸付や利用には総量規制は適用されないので関係ないのです。
総量規制対処以外比較をして、主婦でも利用しやすいポイントを探してみましょう。
収入のない人を対象としても融資が可能で、そのために専業主婦カードローンを提供できるという仕組みになっているのです。

このようなことがあって専業主婦カードローンは提供されているのですが、だからといって収入がある人と同等に借りられるわけではないという点に注意が必要です。
たいていは借入限度額がかなり小さく制限されています。
たとえば30万円までと定められていますが、これくらいなら十分だと思う人もいれば不十分だと考える人もいるでしょう。
それを前提とした上で利用するべきなのかどうかを判断することが肝要です。

安心感バッチリな銀行系のカードローンに制限が無いわけではありません。
無利息ではなく利息が発生しますし、信販系や消費者金融系同様に借入総額により、金利も変わります。
大抵は上限金利ですが、専業主婦は自身に収入がなく、カードローンでも借金である事は理解しておくべきです。
銀行系なら申込可能でも、他社での借入件数が多いと法律や制度に関係なく、審査に落ちる可能性もあります。

sck1105_hibi01_02申込に必要な書類を知りたい方におすすめ