専業主婦カードローンにて借り入れするための条件

専業主婦カードローンを利用するためには、いくつかの応募条件や取引条件を満たさなければなりません。
その条件の最大のものは、専業主婦カードローンが出来る会社を探すことです。
低金利や無利息など魅力的なプランもありますが、実はどこの会社でも専業主婦カードローンに対応しているわけではありません。
業者ごとに対応の仕方が異なりますが、専業主婦の貸付をまったく行わないところもあれば、柔軟に対応してくれるところもあります。

したがってまず、どこなら専業主婦でもカードローンが利用できるのか、その確認を行わなければなりません。
担保や保証人も不要ですし、金利以外は返済に遅れなければ余計なお金もかかりません。
イメージからいえば、審査が優しいの消費者金融なら大丈夫と思われるかもしれません。

しかしこれは大きな誤解です。実は専業主婦はアイフルやプロミスなど消費者金融でお金を借りることはできません。
カードローンももちろん同様です。
なぜかといえば、消費者金融は総量規制の対象になる会社であり、その規制によって無収入の人に貸付を行うことができないからです。
総量規制では年収の3分の1までしか貸せないことになっていますから、そもそも収入のない人に貸すことはできないのです。
ですから、専業主婦カードローン利用の選択肢として、消費者金融は外さなければなりません。

もし専業主婦カードローンを利用するなら、総量規制の対象にならない会社を探すことが条件です。
総量規制の対象にならないところは、銀行です。
銀行は消費者金融と違って銀行法という法律で監督されていますから、消費者金融などノンバンクを取り締まる貸金業法に基づく総量規制の対象にはならないのです。
よって、銀行なら専業主婦カードローンを利用できる可能性があります。

ただし、担保も保証人もなしで融資をする以上銀行にも必ず審査がありますし、契約してもいいかどうかをしっかり確認します。
これに対応するところとそうでないところがあるので、それを見分ける必要があります。
どの銀行なら専業主婦カードローンが利用できるのかについては、インターネットのランキングや比較サイトなどで一覧表示で紹介されていることがあります。
各社の利率やサービスの特徴なども添えられていますので、こうした情報を参考に比較検討し利用しやすい銀行を選ぶことができます。
カードローンで借りたお金は金額にかかわらず、何に使っても良い事になっています。
ただし事業の運転資金にする事はできませんので、この場合は事業用ローンサービスを利用しましょう。

sck1105_hibi01_02申込に必要な書類を知りたい方におすすめ